おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です!

 

前回の続きです。

 

【肩が上がってしまう原理】

 

 

3、歪み

 

背骨・肩甲骨等の関節が歪むと体をひねったり、ねじったりします。

 

そして、肩を上げやすい姿勢をしています。

 

肩甲骨も歪みます。

 

いかり肩タイプの方は、肩甲骨が本来の位置にありません。(肩甲骨が上がっている位置にあります)

 

結果、肩が上がって見えてしまいます。そして、首こり・肩こりになります。

 

本来、いかり肩でない方でも、背骨の歪み・肩甲骨の歪みなどで、いかり肩タイプになってしまう事もあります。

(肩が上がって見えているだけです)

 

 

4、腕の位置

 

立った時、腕はどの位置にありますか?

 

本来立った時は、足の外側(股関節の外側)に軽く触れるぐらいが理想の腕の位置です。

 

キョンシーのように、腕が前出ていたり、腕を組む姿勢などの癖があると、肩は上がって見えます。

 

腕のちょっとした位置でも、肩は上がりやすくなりる姿勢に変化します。

 

結果、いかり肩タイプの肩へと変化していき、首こり・肩こりになっていきます。

 

続く

 

当院は、東京都豊島区で、唯一”眼精疲労”に特化した整体院です。

JR山手線大塚駅南口徒歩1分!池袋駅隣、電車で3分の好アクセス!!

JR山手線大塚駅・巣鴨・駒込・文京区で眼精疲労・首こり・スマホネック・テクノストレス・肩こり・頭痛・後頭部痛等でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

TEL03-3983-0816