こんにちは!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

まれに、お腹の調子の悪い時ありますよね?原因は人それぞれです。。

理由を挙げるとすれば、暴飲暴食、睡眠不足、冷え・・・等です。

今回はお腹の調子が悪時はこうされた方が良いのでは?を説明していきたいと思います。

私も過去に体の免疫が下がった時にウイルス性胃腸炎?にかかってから、お腹が弱くなりました。

なので、私が行っている事をまとめてみました。

 

1、あえて、食事を摂らない。(夜)

胃や腸は何か異物が入ってきただけで強制的に動いてしまいます。なので、あえて何も胃腸に入れない。

お腹の調子が悪い時は、間違いなく胃や腸は疲れていますので、休ませる事も必要です。

食べ物を食べると胃酸を出てしまいます。

体が弱っている時に胃酸を出すと、胸やけ等の原因にもつながる恐れがあるからでもあります。

 

2、お風呂にゆっくり浸かる

体全身を温めて血流をよくすることも重要です。副交感神経に入らないと、内臓は回復しません。

全身お風呂に浸かり、体を温めた方が体が回復しやすくなります。

 

3、お腹が冷えているか確認

お腹が冷えていたら、間違いなく冷えです。お腹周辺を温めたりするとこも重要です。

2のお風呂、手の平が温かければ手の平、温めたタオルでも大丈夫です。お湯などを少しずつ飲むのでも大丈夫です。(カフェインがあるコーヒー等は好ましくありません)

生姜湯、冷え等に効く漢方でも大丈夫です。

 

4、早めに寝る

夜更かししないで早く寝る。一番重要な事です。やはり、日付をこえてしまうと、睡眠の質が悪くなってきます。

 

全て基本的な事ですが、とても重要なことです。お腹の調子が悪くなってくると、体の不調につながります。(自律神経の乱れ)

なので、あれ?最近お腹の調子悪いな・・・と感じましたら、基本に戻ってみてはいかがでしょうか?

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816