こんにちは!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。

【当院の施術】

 

1、骨格的な遺伝

本来持っている骨の形を変える事は出来ません。(その方の個性です)

ですが、骨の位置を変える事は出来ます。

肩を下げさせている、関節・筋肉を正しい位置に戻すと肩こりは緩和していきます。

 

2、鎖骨骨折

この症状も過去に起きたことですし、骨の形を変える事は出来ません。

ですが、1と同じように鎖骨の位置を変える事は出来ます。鎖骨の調整です。

鎖骨の位置を調整することで、肩を上げやすくし、症状を緩和させることは出来ます。

 

3、歪み

体の歪み、ねじれを調整することで、下がっている肩を上げ、本来の位置に戻します。

このタイプの方は必ず、骨盤・肩甲骨・背骨の調整をしなければいけません。

これらの関節が肩を下げさせている原因が強いからです。

体が素直に右に回転すると、右肩は下がります。

体を右に回転させているのが、骨盤・肩甲骨・背骨のどれか(又は全て)なので、一番の原因を見極め調整しなければいけません。

 

4、背中の硬直

僧帽筋という背中の大きな筋肉があります。その筋肉の特に下の方(腰の上)が硬直すると、肩を下げる作用が働くので、緊張を取り、柔軟性をつけます。

なで肩タイプ・なで肩の方は肩を引っ張られているのです。引っ張っているのが、背中の下のこの筋肉なのです。

なので、このタイプの方はまず、肩ではなく、背中(特に下)の僧帽筋の下の筋肉をメインにほぐし調整しなければいけません。

この見極めはご自分では難しいと思います。

 

なで肩タイプの方は肩をほぐすのではなく、肩を上げ本来の位置に戻すのが一番重要なのです。

何度も言いますが、下げられていて、肩こりになっているので、肩を上げて楽な姿勢にする事がこのタイプの肩こりの調整法です。

 

当院は、JR山手線大塚駅徒歩1分。東京都豊島区で”唯一眼精疲労””体の連動性”に特化した整体院です。

JR池袋駅隣、電車で3分です。

JR山手線で眼精疲労・目の奥の痛み等でお悩みの方は一度ご相談ください!

また、眼精疲労以外でも肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・姿勢が気になる!などの体の動き・姿勢でお悩みの方もご相談ください!

TEL03-3983-0816