おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

肩コリには色々なタイプがあります。

 

今回は”なで肩タイプの肩コリ”についてお話していきます。

なで肩とは一言で言うと、肩が下がって見える肩です。

 

なで肩は肩が下へ下げられた状態なので肩コリを感じます。

何故肩が下へ下げられているのかを見極めることが重要です。

 

【何故、肩は下がるのか?】

 

1、骨格的な遺伝

2、以前、鎖骨骨折した

3、歪み

4、背中の筋肉の硬直

 

等が考えられます。

 

1、その方の体の個性です。

背骨・骨格等の形でなで肩になって見えています。

 

2、鎖骨を以前骨折していると、肩が下へ下げられてしまう場合があります。

 

鎖骨を骨折すると肩が上に上がらなくなりそこから、癖がつくこともあります。

また、きちんと骨折を治さないと、左右どちらか、骨折した方の鎖骨がそのまま骨がくっついてしまうので、肩が上げづらくなってしまいます。

それだけ、肩と鎖骨は関係が深いのです。

 

3、背骨・肩甲骨・骨盤等が歪むと体をねじり、肩を下げさせている状態の場合もあります。

 

4、背中のある筋肉が異常に硬直すると、肩を下げます。

 

それは、僧帽筋という筋肉です。

僧帽筋は、上・中・下と分かれていて、それぞれ運動の作用が違います。

肩を下げる筋肉は、特に僧帽筋の下(腰の上)です。

また、僧帽筋の上の筋肉の神経伝達が悪くなったりすると、筋力低下、うまく作用しなくなり、下に引っ張られることもまれにあります。

 

続く

 

当院は、JR山手線大塚駅徒歩1分。東京都豊島区で”唯一眼精疲労””体の連動性”に特化した整体院です。

JR池袋駅隣、電車で3分です。

JR山手線大塚駅・豊島区・文京区で眼精疲労・目の奥の痛み・首こり・肩こり・頭痛等でお悩みの方はお気軽にご相談ください!

TEL03-3983-0816