こんにちは!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です!

前回の続きです。

【改善方法】

3、家・職場での物の位置

物・自分の位置を変えるしかありません。

どちらかが移動しましょう。

どうしても職場の席の配置難しい場合は、ちょこちょこ席を立ち動くしかありません。

家の構造上、TV等を動かせない場合も同様に、同じ姿勢をし続けない!これしかありません。

同じ姿勢をし続ける=歪み・疲れが出てきます。

4、左右の筋力差

利き手・利き足等がある以上、一定の筋力差は仕方がないと思いましょう。

A、筋力差をなくし筋力アップを目指す=トレーナーに指導してもらう

B、左右の歪みをなくし左右同様に体を使えるようにする=整体・カイロ

どちらかしかありません。

〈A〉

Aの筋力アップを正しく行えば、筋力で骨格は歪みにくくなり、疲れにくくなります。

※筋力をつければ、歪まないのではありません。耐久性がつくだけです。

筋力だけでは、限界があり、疲れがたまると、寝違えやギックリ背中・腰をしてしまいます。

〈B〉

Bの歪みを定期的に調整すれば、A程の筋力はつきませんが、神経伝達もよくなり関節の可動域も増加の期待があります。

歪みを定期的に調整すれば、体が正しい姿勢を覚えるので、以前よりは歪みにくくなります。

※絶対に歪まないのでなく、あくまで歪みにくくなるです。

整体・カイロの調整以上の疲労(仕事等)を行えば、需要と供給のバランスが崩れ、歪み、寝違え・ギックリ背中・腰をする可能性が増えます。

間違っても自己流自己判断は厳禁です。必ず体を痛めます。

5、過去の怪我歴

過去にしてしまった怪我は今ではどうする事も出来ません。

必ず、怪我した所をかばって、体を使っています。

整体・カイロ・鍼灸等のお店に行き、調整してもらうしかありません。

自分で行うには限界があります。

続く

当院は、東京都豊島区で、唯一”眼精疲労”に特化した整体院です。

JR山手線大塚駅南口徒歩1分!池袋駅隣、電車で3分の好アクセス!!

JR山手線大塚駅・豊島区・文京区で眼精疲労・首こり・スマホネック・テクノストレス・肩こり・頭痛・後頭部痛等でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

TEL03-3983-0816

ホットペッパーでネット予約出来ます☆

【大塚南口連動整体院】で検索を!