おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

前回に引き続き、ねこ背についてお話していきます。

 

Q・何故、極端なねこ背でなければ、問題ないのか?

【A・人間の肋骨は丸い為】

 

人間の肋骨は、丸く、鳥かごのような形を本来しています。(個人差あり)

なので、人間の姿勢は軽く丸くなる構造なのです。

首が前弯して、肩甲骨周辺が後湾して、腰で前弯して、骨盤(お尻)で後湾するという、緩やかなS字のラインをした姿勢が理想です。

このS字のラインをした姿勢で体重分散をして体に負担をかけないようにしています。

 

その為、極端に丸まってねこ背でなければ、問題ないです。

ねこ背であるか、ないかをチェックするには後ろ姿もいいですが、横からの姿勢をチェックするのもいいかと思われます。

 

横から見て、耳・肩・肘・股関節・外くるぶしがきちんと一直線上になっていれば特に姿勢的には問題ないです。

 

【やってはいけない事】

ねこ背をきにしすぎて、自分で背中の筋肉を使い、肘を引いたりして姿勢をキープする行為。

丸まらないようにすることはいい事ですが、逆に気にしすぎるのも良くありません。

何故なら、先ほども説明しましたが、そもそも肋骨は多少丸く、鳥かごのような形をしていて、丸みをなくすことは逆に姿勢を崩してしまうのです

丸まらないようにする行為は背中の筋肉を使ってしまうので、肩コリや肩甲骨周辺の筋肉のコリや張感を生み出す原因にもなります。

酷くなると、肩甲骨と肋骨がこびり付き(癒着)、その周辺が常にダルくなったり、肩の稼働不良の原因にもなります。

 

ねこ背であるか、ないかをご自分で判断するのはとても難しいので、一度、第三者の専門の整体院等にみてもらう方が良いかと思います。

当院では、必ず姿勢のチェック・体の連動性(動かしやすさ)・可動域のチェックは見させて頂き、きちんとご説明します。

ねこ背や姿勢でお悩みの方は是非ご相談ください!

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816