こんにちは!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

今回は腰痛持ちの方や腰痛予防の強い味方の”コルセット”の正しい巻き方についてお話します。

 

え?そんなの知ってるよ!腰にピタット巻けばいいんでしょ?と思われている方も多いと思います。

なので、今回はあえて、言わせていただきます。

コルセットを巻いている方は全員ではないですが、大体正しい巻き方を知らない方が多いともいます。

今までたくさんの方のコルセットの巻き方を見させて頂きましたが、やはり・・・コルセットは”腰”に巻くものだと思っている方が多いと思われます。

仮に、コルセットを腰に巻いてしまうと・・・それは、もはや”腹巻き”になっているのです。

腰に巻く=腰の反対側は・・・つまり、お腹!腹巻きになっているのです。

なので、コルセットを巻くとお腹がきつい・・・となってしますのです。

 

【正しい巻き方】

コルセットで固定するのは、腰ではなく、”骨盤”です。

骨盤の関節を固定することで、腰を反らし正しい姿勢に強制的に持っていくのが狙いなのです。

イメージとしては、おへその下でマジックテープで固定する感じです。

おへその下はちょうどその裏側は骨盤になります。

なので、コルセット=腰を固定ではなく、

コルセット=骨盤を固定、おへその少し下のところでマジックテープで張りけると思っていただければと思います。

※コルセットを使いすぎるとご存知の方も多いと思いますが、腰回りの筋肉が弱くなり、姿勢を保持する力が弱くなる恐れがあるので、あくまでも、仕事や家事の時だけでそれ以外はしない方が良いと思います。

腰痛持ちや予防のため、是非試してみてください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816