おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。

 

【改善方法】

長い年月、足を組んでしまう癖のある方は間違っても、数日や数週間、2、3ヶ月で治そうとは思わない事です。

半年~1年程かけて、ゆっくりその癖を取っていくのがポイントかと思います。

変に、足を組んでないけない!と意識するあまり、次の予期せぬ”癖”が出てしまう恐れがあります。

僕は、”第二の癖”と言っています。

その癖を取ろうとするあまり、違う所に意識が行ってしまって、違う癖が出てしまうというのです。

よく、あるのが、”過緊張”です。

常に、”足を組んではダメ”と体が硬直状態になるのです。真面目な方に多いと思います。

逆側の足を組めばいいんでしょ?と思わる方もいるかと思いますが、結果、逆側に歪むだけです。

 

癖を抜きには、”変に我慢するより、習慣化”しかないかと思います。我慢には限界が必ずあります。

足を組んでしまった!とすぐやめる。これを繰り返すのです。そうすると、徐々にやらなくなると思います。

どれだけの時間・回数自分が、足を組んでいるのかと認識するのです。

それだけ、”癖”を治すのは難しいのです。

因みに、僕もこれで、足を組む癖はなくなりました。(個人差あります)

 

≪当院の施術≫

足を組んでしまう方は、間違いなく、骨盤・股関節が歪んでいます。

骨盤と股関節を正常な位置に戻します。股関節が歪んでいると、きちんと足を上げられない状態の方も多いので、そちらも調整します。

そして、首・背・腰の骨もどのように、歪んでいるか見極め、正確に矯正していきます。

施術が終わると、普段の姿勢とは違う姿勢になるので、右のお尻が上がった感覚がある、体がまっすぐになった感覚、いつもと立った時違う等。

本当に、自分の体なの?とおっしゃる方もいます。それだけ、体が歪んでいたのです。(個人差あります)

 

正しい姿勢を体に覚えさせるのが、一番の得策です。

 

足を組むと・・・

1、骨盤が歪む

2、股関節が歪む

3、体がねじれる

4、丸背・前傾姿勢になる

のデメリットがあるかと思います。

今回も、最後までご覧になって頂きありがとうございました!

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816