おはようございます!大塚南口連動整体院の丸山です。

よく、足を組むとダメです!と言われると思います。

この事は、皆様やってはいけない。とご存知かと思います。

 

理由は、体が歪むから、ぐらいしか言われたことがない方が多いらしいです。

確かに、簡単に言うと”体が歪む”からです。

でも、その先を説明を受けたことがないことが分かってきました。

今回は、僕が考える、”足を組むとこうなる!”という理由をまとめてみましたので、是非、ご覧になってください!

 

【理由】

1、骨盤が歪む

骨盤はざっくり説明いたしますと、左右のお尻と真ん中の骨(腰と連結している仙骨と言います)の3つで構成されています。

どちらか、足を上げて反対側の足に乗っけると・・・必ず、骨盤は歪みます。

組んでいる方の足に股関節が引っ張られ、骨盤のお尻の方の関節(仙腸〈せんちょう〉関節と言います)が歪んできます。※細かい歪み方は説明文が長くなってしまうので省略させていただきます。

骨盤が歪むと、腰痛の原因の1つにもなり、姿勢も悪くなりだらしなく見えたり等の症状に向かっていきます。

 

2、股関節が歪む

え?股関節も歪むの??と思った方もいらっしゃるかもしれません。

はい!もちろん歪みます。

関節はどこの関節でも歪みます。

ただ、世間ではあまり知られていないと思いますし、メディアでもまだ、股関節の歪みはあまり取り上げられていないからだと思います。

 

股関節が歪むと、足が上げづらくなったり、腰痛の原因の1つになったり、単純に足が疲れやすくなる等の症状が出てきます。

 

股関節と骨盤は簡単に言うと=(イコール)です。

骨盤が歪む=股関節が歪む

股関節が歪む=骨盤が歪むです。

歪み方は、=ではないですが、お互いに片方が歪めば、もう片方も歪むと思ったほうがよいです。

実際、関節だけでなく、筋肉と皮膚と筋膜などで繋がっていますしね。

 

続く・・・