おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

全身浴と半身浴は結局、どっちがいいのか?とよく話題になります。

今日は、全身浴と半身浴のメリット、デメリットをお話していきます。

 

初めに半身浴について説明します。

【メリット】

心臓に負担がかかりにくい。心臓が何らかの原因で不調の方は、全身まで湯に浸かると水圧で心臓に負担がかかる為です。

【デメリット】

肩まで湯に浸かっていないので冷えやすい。温まるのに時間がかかる。(特に冬はこれが原因で風邪をひく恐れさえあります)

 

全身浴

【メリット】

半身浴とは逆に肩まで湯に浸かるので、体が温まりやすい。全身の血流が良くなりやすい。

適温で湯にゆったり浸かると、全身の緊張も取れ体を休ませる神経(副交感神経)に入りやすい。

汗がかきやすい。

【デメリット】

心臓に負担がかかるため、心臓の調子の悪い方が行うと、危険。

 

一般的にはこのような形になると思います。

 

〈美容の為の半身浴〉

ただ医学的には、よく美容の為に半身浴をするという方がいらっしゃいますが、全く意味がないらしいです。

何故かというと、繰り返しますが、半身浴は心臓に負担をかけない入浴です。

なので、美容の効果はほぼ皆無らしいです。

美容目的であれば、肩まで湯に浸かって肩の緊張を取り、全身の血流を良くしたほうがお肌の活性化になると思います。短時間で汗もかけ、デトックスできますし。

 

なにも、半身浴が悪いとは言っておりません。

これからの季節は暑くなるので、半身浴でも風邪をひくおそれはきえてくると思います。

要は使い分けです。

 

全身温まりたい!という時は全身浴。

下半身が疲れて下半身を温めたいと言う時は半身浴。

 

お風呂の入り方も使い分けてみてはいかがでしょうか?

また、当院は東京都豊島区で唯一”眼精疲労”に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・目白・巣鴨近隣で眼精疲労でお悩みの方は、一度ご相談ください!TEL03-3983-0816