こんにちは!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。(個人の見解です)

 

【原因】

 

2、浅い座り姿勢

 

浅く座った座り姿勢をイメージしてみて下さい。

お尻が下がり、下っ腹がポッコリ出て、首が前のめりになります。

そして、肺も潰されます。

 

肺が何らかの原因で潰されると間違いなく、呼吸は浅くなります。

 

呼吸が浅い=血流が悪い(酸欠)=体が疲れる(疲れが取れない)

 

といった方程式になります。

当然、呼吸が浅いと酸欠になり、緊張性頭痛や後頭部痛や首こりの原因になります。

 

3、前傾姿勢

 

簡単に言いますと、前傾姿勢はおじぎをしている姿勢です。

 

よって、2と同様に肺を潰し、呼吸がしにくくなり、酸欠になります。

さらに、最近はスマホネックも併用し、喉も潰し口も閉じて、鼻も下方を向くので、呼吸が浅くなる最悪のパターンに直結します。

※デスクワークでない方もスマホを多用する時代なので、このような状態の方は非常に多くなってきています。

続く

 

当院は、東京都豊島区で、唯一”眼精疲労”に特化した整体院です。

JR山手線大塚駅南口徒歩1分!池袋駅隣、電車で3分の好アクセス!!

JR山手線大塚駅・巣鴨・駒込・文京区で眼精疲労・首こり・スマホネック・テクノストレス・肩こり・頭痛・後頭部痛等でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

TEL03-3983-0816