おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です

太もも(裏)のストレッチ気持ち良いですよね!

気軽に出来ますし、すごくメジャーで基本皆さまご存知のストレッチの1つかと思います。

 

今回は、このストレッチをやってはいけない、控えた方が良い方のお話をします。

 

それは、立っている時、膝裏が伸びている、伸びきっているタイプの方です。

 

ここで、基本的なストレッチをする定義をお話します。

ストレッチは、基本筋肉がコリ固まり縮んでいるのを伸ばし、血流を良くし、筋肉の柔軟性を元に戻したり、疲労をとる為に行います。

あくまで、基本的に縮んで柔軟性の少ない筋肉へのアプローチ。

 

では、膝裏が伸びている方はどうでしょう?

そのタイプの方の太ももの筋肉は伸びているのです。

その伸びている筋肉を必要以上に伸ばすと、その筋肉は痛めてしまいます。簡単に言うと、筋膜痛や肉離れを起こしやすいのです。

 

(実例)

膝裏が伸びているのに、一生懸命太もも(裏)のストレッチをしてしまった方がいます。

その方は、このストレッチが一番やりやすいから、手軽に出来るからという理由だけでやってしまいました。(再三、注意・アドバイスはしていました)

 

結果・・・痛めました。太ももだけでなく、膝裏まで痛くなってしまいました。

原因は、過度の太もも(裏)のストレッチ。

この方がやらなければいけないストレッチはももの前側だったのです。

膝裏が伸びてしまっている方は、間違いなく、ももの前側の筋肉が固まっています。(内股気味です)ここを1番にストレッチをすれば、このような事にはなりませんでした。

 

やりやすい・動かしやすい=可動性がある=その筋肉はストレッチする必要はあまりないのです(軽く伸ばして刺激を与える程度です)

 

何度も申しますが、基本的にストレッチは=動かしにくい・やりにく・縮んでいる筋肉をやさしく伸ばすのです

この方はふともも(裏)のストレッチを控え、前側のストレッチを多めにしたら、その後調子は良いのです。

 

立ち方も前回の続きになってしまいますが、”休め”の姿勢で膝を軽くたるませ、膝裏を伸ばさないようにするのがとても重要です。

当院は、東京都豊島区で唯一眼精疲労に特化した整体院ですが、膝・股関節・骨盤の矯正・調整はもちろん出来ます!

また、その方にあった立ち方等もアドバイスします!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816