おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

寝苦しい夜が続きますね。お盆が過ぎた辺りから、また熱くなってきました。

冬よりもむしろ、夏の方が体の”冷え”を考えなければいけません。

今回は、寝る時に、”ここだけは絶対冷やさない方が良い”所を僕の意見で解説していきます。

 

この時期は、エアコン・扇風機をつけるのは当たり前で、それらがないと、暑すぎて寝れないです。

それらが、体を冷やすのですが、冷やしてはいけないと思われる箇所をまとめてみました。

 

1、お腹

皆様ご存知の方も多いと思います。

お腹が冷えると、胃腸の動きが悪くなり、単純にお腹が痛くなります。

お腹が冷えると、下腹部がポッコリ出て”ポッコリお腹”になったり、夏・秋バテ、血流不足、体のダルサ、便秘・下痢・痩せにくい等いいことが1つもありません。

それだけ、お腹が冷えるとデメリットが多いのです。

何故かというと、お腹(腸の受動運動)は自律神経とも関係しているからです。

お腹が冷え、腸の受動運動が鈍くなると、食べたもの・飲んだものを腸が吸収できなくなり、下痢になったり、エネルギーを摂取しにくくなります。

また、お腹周辺の血流も悪くなり、体がむくんだり、ダルなったりし、食べたものを消化出来なくなり、便秘の原因の1つにもなります。

運動しても痩せない!食事制限しても痩せない!汗かいても痩せない!となってしますのです。

腸の受動運動は自律神経とも関係していますと先程も、言いましたが、まさにこれが原因の場合もあります。

痩せにくい体になってしまっている恐れがあります。続く・・・

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

また、頭痛・首・肩こり・腰痛・産後骨盤矯正でお悩みの方も、お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816