おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体の丸山です。

前日の続きです。

部屋の明かりを暗くする・明るくする方・・・

 

【明るくする方】

 

安心感です!

 

元々人間は獣から身を守るため、火を焚きその火の周辺で寝ていたので、部屋に薄く明るい灯があったほうが、安心感が増すらしいです。

心理的にというタイプだと思われます。昔の祖先の名残がまだ現代人にも残っていると思われます。

また、すごく不安な事や精神的に不安定(イライラ感)だと暗くすると、落ち着かなくなるらしいです。

 

この寝る時に部屋を暗くするのも明るくするのもはっきりした正解はありません。

 

なぜなら、人によって考え方も感じ方も違うからです。

ご自分で試してみて、よく寝れる感じがする方が正解です。

ご自分の子供の頃からの習慣も大きく左右されます。

 

いずれにしても“快眠”はとても重要です。

マクラや布団、気温・寝る時間も大切ですが、寝室の”明かり”も気にされてはいかがでしょうか?

快眠出来ない理由は、部屋の”明るさ”なのかもしれません!

 

当院は東京都豊島区で唯一”眼精疲労”に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨近隣で眼精疲労首こり・肩こり等にお悩みの方は是非ご相談ください!

お気軽にご連絡ください!TEL03-3983-0816