おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。

【当院の施術】

1、前傾姿勢

前傾姿勢になる原因は様々で、生まれつきの個性、肋骨が丸みがなく平らの方は平背に拍車をかけます。

肋骨の形は変えられないので、当院は背骨・背筋(僧帽筋)の調整をメインにします。

背骨の歪みと、僧帽筋の張り・コリを緩和すると、ある程度の背中の丸みが出来てきます(個人差あり)

緩やかなS字のカーブです。

平背の方の肩こりは“体重分散”が出来ていないので、まずは正しい姿勢に戻し、体重分散の出来る背中にする事が重要です。

2、ストレートネック

ストレートネックは首のS字アーチがない(少ない)状態です。

首・後頭部の調整をします。ストレートネックの方は顎を引く姿勢をされている多いです。

顎を引く動作をされると、首の筋肉が伸ばされ首がこってきます。

そして、背中・肩も引っ張られ、肩こりになります。

首・後頭骨の歪みを改善し、首の疲れている筋肉をほどよくほずし、S字のアーチができるように調整します。

3、肩甲骨の歪み

肩甲骨が上下左右、同じ位置にくるように調整します。

その際、体がどのように歪んでいるか(左右どちらに回転しているかなど)を見極めて、調整します。

(例)右に体が傾くと、右肩が下がり肩甲骨も下がるのです。

また、肩甲骨と肋骨がこびりついている場合もあります。(癒着)

本来肩甲骨と肋骨の間は手の指が入るぐらいの柔軟性がないといけません。

癒着がある場合は、気持ち良く肩甲骨をはがします。

4、平腰

腰・骨盤の矯正・調整をし、腰の緩やかなS字カーブを作るようにします。

また、腰の深層部の筋肉の腸腰筋等も気持ち良くほぐします。

 

平背の方の肩こりは、何度も言いますが、“体重分散”の出来る姿勢に戻す事が重要です。

何故、首・背・腰のS字カーブが少ないのかを見極め調整し、説明致しますので、肩こりでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

当院は、JR山手線大塚駅徒歩1分。東京都豊島区で”唯一眼精疲労””体の連動性”に特化した整体院です。

JR池袋駅隣、電車で3分です。

JR山手線で眼精疲労・目の奥の痛み等でお悩みの方は一度ご相談ください!

また、眼精疲労以外でも頭痛・首こり・肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・姿勢が気になる!などの体の動き・姿勢でお悩みの方もご相談ください!

TEL03-3983-0816