おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

本日は、僕の経験から、肩コリ首コリを色んな整体や・カイロ・整骨院・鍼灸院に行って施術してもらっても消えなかったタイプの方々のお話をします。

 

まず、僕は基本立ち姿勢の後姿を必ず見させて頂きます。

これは、どのお店でも実施していると思います。(してなきゃダメですが)

 

チェックする箇所は何か所かありますが、その1つをお話します。

大体、肩の左右の高低差や首の位置・骨盤の歪みは見ると思います。

※これは、本当に最低限チェックしなければいけない箇所です。

 

その方の肩コリ・首コリが、肩の左右の高低差や首の歪み・骨盤の歪みが原因であれば、首や肩の筋肉をほぐし、首の矯正や骨盤矯正・肩の調整をすれば、スッキリ楽になります。

 

ですが、それで全く変化が出ない方々も実際いらっしゃるのです。

皆様、口をそろえて「その時は気持ちよい」、「その時は楽になる」、”その時”を連発します。

施術効果が持続も、早い方ですと、”その日のみ”、持続しても”2~3日”と言っていました。

 

その方々は立ち姿勢である共通点がありました、それは・・・

 

“手を前に組んで立つくせがある”です。

 

前というのはお腹(おへその周辺です)。

よく、テレビ等で、高級店の定員さんや秘書さん、ホテルのスタッフさんが手を組んで接客するシーンがあると思います。その姿勢です。

僕もアルバイトで接客業をしていましたが、やはり、両手の甲を相手に見せる形でおへその周辺で手を組むと教えられました。(武器を持っていないという意味らしいです)

敵意を持っていませんと相手に知らせるポーズと教えられました。

 

確かに見栄えは、とても良いです。ですが、この姿勢で肩コリを招いているのでした。

続く・・・次回は原因をお話します。

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816