おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。

 

では、どうするのか??

 

当院では、このタイプの方は、腕のねじれを取ります。

腕の筋肉がねじれて肩の筋肉を引っ張り、肩コリにしているので、まず、それらを取り除かないと何も始まらないからです。

その後に、胸の筋肉をストレットをして伸ばし、引っ張られ疲れ切っている肩甲骨周辺んの筋肉もよくほぐします。

また、このタイプの方は肩甲骨も歪んでいる可能性が高いので、そちらも調整します。

 

○一番やらなければいけないことは、腕のねじれを取り、腕の筋肉の硬直を取ることが重要です。

 

腕の筋肉をほぐされると、血流が良くなり、腕がポカポカ温かくなる方も多いです。

緊張が取れると、スーッとする感覚があります(個人差あり)

実は、腕も皆さまお疲れなのです。

 

○ご飯を食べる時、どうやって食べているのでしょう??

○漫画を読む時は??

○スマホ・PC・ゲーム等の電子機器を操作する時は??

○家事・育児をする時は??

 

間違いなく、”腕・手”を使用していると思われます。

 

何故、普段感じないかというと、

 

肩と首の方が、敏感な為、そちらを辛い!と感じるからです。

逆に腕がダルイ!と感じるようになってくると、そうとう体が悲鳴を上げていると思った方がよいかと思われます。

 

【後姿の立ち位置で腕が前側(お腹の方)に行っている方は、これらが原因の場合が非常に多いです。】

 

≪後姿の手の位置でもその方の肩コリの原因の1つ教えてくれるのです。≫

 

お仕事中以外は、なるべく控えた方がよいかと思います。

あ!手組んでる!!と思ったらスッと止める。習慣つけにするのが一番重要です。

間違っても、1日やそこらで治してやる!と思わないでください。

“癖”はそんな簡単には取れないです。

半年~1年かけてじっくり治せば全く問題ありません。

 

あれ?自分もそうなのかな?と思われたら、ふとした時、ご自分の手の位置を確認してみてはいかがでしょうか??

 

最後までご覧になって頂き、ありがとうございました!

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816