おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

昨日に引き続き整体とカイロの違いをお話します。

カイロはアメリカで生まれた技法です。カイロプラクティックを日本語に翻訳すると、カイロ=手、プラクティック=技術となります。

カイロプラクティックはギリシャ語です。なので、日本語では”手技”という意味になります。

【カイロの特徴】

1、アメリカでは医師と同じ

カイロはアメリカでは医師と同じなので、最大の特徴はレントゲンを撮れるという事です(日本では禁止されています)

カイロプラクターはアメリカでは医師と同等なのでレントゲンが許可されています。

ただ、日本のカイロプラクターは民間療法と同じなので、アメリカのカイロプタクターとは違います。

※アメリカでカイロプタクターの資格を取って日本に来てもレントゲンは取れません。

 

2、神経反射テスト等の触診を重視

カイロは関節が歪んだ箇所からの神経伝達がしっかりされているのかをとても重視します。なので、レントゲンを取るのです。

そして、きちんと力が入るとか、膝のお皿の下をたたいて、反射で膝が動くとかを見ます。

 

3、全身でなく歪んだ関節のみを矯正

カイロは力が入りにくい、痺れがある、神経反射が弱い(ない)箇所を狙って矯正します。なので整体のように全身動きを見るという概念は基本少ないです。

あくまで、歪んだ関節がきちんと元に戻し、力が入りやすくしたり、痺れを消したり、神経反射を出るようするのがカイロです。

局所的な矯正をするのがカイロの特徴です。

 

4、筋肉の調整はほぼなし

カイロはアメリカで生まれた技術です。欧米人は我々東洋人とは骨格が違います。なので、それ程、筋肉疲労が少ないのです。骨格がしっかりしていると歪みにくいからです。

なので、筋肉の疲労をとるという概念が少ないです。

最近は多少変わってきていて、筋肉の調整も含まれてきていますが。

 

整体・カイロのメリットをまとめると

 

整体のメリット=全身調整出来る。全身調整するので、体が動かしやすくなる。関節だけでなく、筋肉疲労も取る概念がある。発症が東洋なので日本人向け。

 

カイロのメリット=医療として(アメリカでは)確立されている。局所的な矯正技術が卓越している。神経反射テストを重視し、神経伝達が伝わっているか分かる。

 

両方とも良い面があるので、あとはその方の症状に合うか合わないかだと思われます。

 

当院は基本、整体ですが、カイロの理論も取り入れています。なのでどちかでも対応できます。ご相談ください。

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816