こんにちは!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きからです。

2、肩コリ
机が低いと、手を押し付けるようにキーボードーをたたくと思います。

また、机が高いと、肩と腕を上げる姿勢になるので、どちらにしても肩の筋肉を無意識に酷使し、肩コリの原因の1つになる恐れがあります。

3、腰痛
ただでさえ、座っているだけでも腰に負担がかかっています。姿勢によりますが、立っているときの腰の負担を1とすると、座る姿勢になると、1,5倍以上になります。

身長に合わない机の高さですと、

机の高さが低い=椅子を低くする=浅く座り丸まる姿勢又は前傾姿勢。

机の高さが固い=椅子を高くする=地面に足がつかないので固定しようと筋肉が硬直する

といった現象が起こります。

【実話】

最近では、ある有名なIT企業や社長は椅子だけでなく、机も上下に動かせる物を導入しているらしいです。
やはり、IT関係の会社では、座りっぱなしが普通だと思うので、相当腰痛等でお悩みの社員さんが多いのではないでしょうか?
会社側もそれを分かっているので、その方の体に合った机を提供しているのではないでしょうか?

これにより、座る、立つという動作が生まれるので、体を動かす機会を強制的に作っている結果になると思います。
どんなに良い姿勢でもやはり、同じ姿勢をし続けると、同じ筋肉と関節に負担がかかってしまいます。
そこで、首コリ・肩コリ・腰痛といった症状になってきているのです。

また、机の上の整理整頓にもなるので、相乗効果も生まれるのではないでしょうか?

適度な運動も必要ですが、机の高さに目を傾けてもよいのではないでしょうか?

当院では、歪んだ骨盤・背骨・首などを無理なく矯正することを行っています。
さらに、深層部の筋肉のインナーマッスルを気持ちよくほぐします。
体の歪みでお悩みの方はご相談ください!

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816