おはようございます!大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。

 

うる星やつらのヒロイン”ラムちゃん”の声で有名な声優さんの平野文さんが、ある番組でこうおっしゃってました。

「声をよく出すには姿勢が重要!」

まさにその通りです。

体が正しい位置にあり、喉・肺・横隔膜等を潰してなければ、最小限の力で声が出せるのです。

平野さんはここに注目し、ご自分の喉を守る為、よい声が出せるように研究されたらしいです。

やはり、一流の声優さんとなると、視点・考え方・工夫力等が違いますね。

 

姿勢が良いと、歪みが少ないという事になるので、神経圧迫もほぼない状態なので、より最小限で力を出せることも期待が出来るのです。

オペラ歌手の方も舞台で歌っている時、前傾姿勢やねこ背ではなく、ピシっとした姿勢でより声をとおす姿勢をしているのを拝見したことがあります。

マイクを使わず、歌うので、より遠くの方にも聞こえるように工夫されているのだと思いました。

又、呼吸もしやすくなるので、息切れしなくなるのでは?と思いました。

 

発声をする時、姿勢をよくするメリット

1、神経伝達も良くなり、最小限の力で声を出せる

2、喉、肺、横隔膜等が潰されていないので、痛めにくい

3、呼吸がしやすい

4、声がとおりやすい。

かと思われます。

 

最近、風邪をひいたわけでもないのに、声があまり出ないな、声がとおらない、他人に声が疲れていると言われのるは、”姿勢”が原因かもしれません。姿勢をチェックしたい、どんな歪み方してるんだろう?と気になりましたら、お気軽にご相談ください!

 

当院は、JR山手線大塚駅徒歩1分。東京都豊島区で”唯一眼精疲労””体の連動性”に特化した整体院です。

JR池袋駅隣、電車で3分です。

JR山手線で眼精疲労・目の奥の痛み等でお悩みの方は一度ご相談ください!

また、眼精疲労以外でも肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・姿勢が気になる!などの体の動き・姿勢でお悩みの方もご相談ください!

TEL03-3983-0816