こんにちは!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

今回の腰痛のお話は反り腰についてお話します。

反り腰は腰が反り過ぎていて湾曲が大きすぎる方の事です。

左右どちかの方もいれば、両方の方もいます。

 

腰の角度についてお話します。

腰の湾曲は約30度。壁に背中をつけて、指の第2関節ぐらいが入る角度です。

反り腰と言われる方はこれより角度が急な方です。

 

【反り腰の方の特徴】

出っ尻っぽくなり、お腹を突き出した姿勢で、ペンギンさんのようなペタペタ歩くのが特徴です。

間違いなく、腰・骨盤が歪んでいます。そして、腹筋も弱い可能性が高いです。

歪み方は、骨盤が前上方(骨盤がお腹に差し込むような歪み)に歪んでいて、お腹がポコッと出てしまうような、腹筋に力が入りにくい姿勢です。弓矢の弓を引いているような姿勢とも言います

腰が反り過ぎると、腰の骨の後ろ(背中側)に腰の関節がありますが、そこを潰しているのです。

その周辺の筋肉も硬直し、血流が悪くなり、疲労物質が流れにくくなり、痛くなっていきます。

 

【改善方法】

このタイプの方は体重が前側(お腹側)にいっていて、前傾姿勢でもある可能性が高いです。

そして、股関節も固く、開脚しにくい可能性も高いです。

当院では、股関節の柔軟性も必ずチェックし、開脚が出来ない(しにくい)ようであれば、股関節のストレッチや牽引も行います。

骨盤も正しい位置に整え、反りを軽減します。さらに腰のコリ固まった筋肉を安全に気持ち良くほぐしていきます。

正しい位置に関節を戻し、硬直した筋肉をほぐすと、楽になります。

反り腰の方は、反らさないように体を変化させないと、痛みは消えません。

 

当院の骨盤・股関節・腰の調整技術は安心・安全・無痛です。

的確な触診から正確に調整致します。

お腹がポコっと出て反り腰なのかな?と思われたら一度ご相談ください!

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816