おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

今回は腰痛の足の緊張からきているタイプをご説明します。

そもそも、腰痛なのに、足の緊張なんて関係あるの?と思わるかもしれません。

ですが、大いに関係あるのです。

実際いらっしゃるのです、腰痛が足の緊張からきている方が・・・

 

【原因】

腰と足は骨盤を仲介して、筋膜や皮膚でつながっています。

直接ではありませんが、間接的につながっているのです。

ふくらはぎやふとももの筋肉が緊張し固くなると、柔軟性がなくなります。

固まり、柔軟性がなくなる=簡単に言いますと、縮むと考えてください。

 

ふくらはぎと、ふとももの筋肉が縮むとそこに引っ張られ骨盤が後傾します。

骨盤が後傾すると、上半身は丸まり、腰の前弯がなくなり平腰になるという原理です。

丸まった姿勢になってしまいます。

腰は本来、緩やかなS字のカーブをしていて、そこで上半身のこめ体重分散をしています。

平腰で丸背の方はそれがなくなるので、腰に多大な負担をかけます。

そして、腰痛になってしまうのです。

 

【改善方法】

当院ではこのタイプの方はきちんと、ふくらはぎ、ふとももの筋肉をほぐし、ストレッチをして、柔軟性をつけます。

そして、骨盤・腰の歪みを矯正・調整し腰の本来のポジションに戻します。

また、丸まった背中も戻すように肩甲骨等の調整をします。

 

※ご自分ではまず判断が難しいので、第三者に見てもらってからの方が良いと思います。

違ったタイプでしたら、ますます腰痛がひどくなります。

 

足からの腰痛と判明されたら、毎日お風呂上りに、ふくらはぎ・ふともも等のストレッチを行うと症状が緩和していきます。

また、仕事中浅く座り丸まった姿勢で仕事をしてもこのタイプの腰痛になりやすいです。

深く座り、骨盤が後傾しないようにタオルなどをイスの柄と骨盤の間に入れ、丸まらないようにしましょう!

 

腰痛も色々な症状・タイプがあります。我慢しすぎると取り返しのつかない場合もあります。

当院では腰痛の方も多数来院されています。以前の職場でも様々な腰痛持ちの患者さんがいらっしゃいました。

腰痛でお悩みの方は是非一度ご相談ください!

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816