おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

一言に膝痛と言っても、原因は様々です。

今回は変形、もしくは靭帯の損傷等をしていないけど、膝が痛く、病院さん等で”特に異常なし”と言われてしまう方のお話をします。

まず、膝の基本的な説明を致します。

 

膝はももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨・腓骨)のちょうど連結部分なので基本的には多機能的な運動は向かないのです。

膝の関節はドアの蝶番に似ているので蝶番関節と言います。

ドアはスライド式等を抜かせば開閉しかできませんよね?膝も同じです。

なので、ひねったり、ねじったりする運動にとても弱いのです。

私が施術をさせて頂いて多いと感じるものの1つに”内股”タイプの方がとても多いです。

【多い症状】

 

1、膝はねじれ、ひねりに弱い

内股になると、膝の内側で膝をひねってしまっている状態です。

内股はももの骨が内側に入るので、すねの骨が逆向きになりバランスを取ろうとねじれてしまうのです。

雑巾絞りをしている動作と同じ状態です。

O脚等の原因の1つにもなる恐れがあります。

膝がねじれたり、ひねったりすると、関節や靭帯に必ず負担がかかります。

また、周辺の筋肉も支えようと疲れてきます。

関節や靭帯に負担がかかりすぎると・・・限界が超えた所で、激痛が走り、病院さんで変形性~等と言われてします恐れがあります。

 

2、膝に体重が乗っている

内股のタイプの方はほぼ間違いなく、前傾姿勢(前屈み)になっています。

膝を内側に移動するだけで、上半身は姿勢をキープ出来ないので、前傾姿勢になっていきます。

膝~上の体重が膝の内側に乗るのです。簡単に申し上げますと膝が上半身に潰されている状態です。

そうなると、膝は単純に疲れます。

常に潰されている状態が続くと、足が上げにくくなったり、ずって歩くくせがつくので、ますます膝や足に負担がかかります。

酷くなると、圧迫され続けた箇所の軟骨がすり減ったりする場合もあるのです。

 

当院ではこのようなタイプの方はまず、膝に体重を乗せないように姿勢を調整します。

前傾姿勢でも、左よりなのか?右よりなのか?も見させて頂きます。

しっかり、体重分散を出来る姿勢に調整し、膝を楽な状態に持っていきます。

さらに、膝のねじれやひねり等の歪みも調整し、膝を本来の位置に戻します。

 

病院さんや他院で膝を見てもらったけどよくならない・・・という方は是非一度ご相談下さい!TEL03-3983-0816

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816