おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

昨日に続いてのお話になります。

 

2、眼を閉じる

・・・え?っと思われるかもしれません。ですが、これはとても重要なことなのです。

何故なら、眼を開ける行為=常に”光”や”色”・”物”等の”情報”が無尽蔵に入ってきてしまうからです。

視覚情報を処理するだけで、眼は疲れます。(後頭部の後頭葉という所に情報が行くと、見えたと認識します)

特に、眼に光が入ってくるだけで、光の入ってくる量を調節する機関(毛様体筋・瞳孔)の筋肉は無意識に動いてしまうので、それだけでも、疲れは取れなくなります。

 

なので、数十秒でもいいので、眼を閉じてみましょう。

そうすることで、メリットもあります。

【1】視覚情報をカットできる

先ほどもお話した通り、眼から入ってくる情報がなくなります。人間の感覚では視覚情報は8~9割程なので、それだけでも神経が休まります。

【2】副交感神経に入る

人間の休ませる神経・・・副交感神経に入りやすくなります。リラックスする時は、眼を閉じませんか?

そうなんです、眼を閉じるだけでも人間はリラックスしやすくなるのです。そして、血流も良くなるので多少でも疲労物質を流す事も考えられます。

 

日中は眼を酷使しているので、少し休憩を挟んで、効率的に仕事をされたほうが、結果が出やすいと思います。

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

JR山手線池袋駅隣、電車で3分!JR山手線大塚駅南口徒歩1分の好アクセス!!

JR山手線で眼精疲労でお悩みの方は、お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816