おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

今回は、ご自分で出来る疲れた眼を休ませる方法をご紹介します。

※効果には個人差があり、必ず効果を確証する物ではありません。ご自分で合わないと思われたらすぐ止めて下さい。

 

最近では、PC・スマホ・携帯ゲームが増え至近距離でも物を見る生活が激増したと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、

 

1、遠くの物を見るようにする

近くの物を捕えて物を見続けると(PC・スマホ等)眼の遠近感を調整する筋肉(毛様体筋)が固まり、そこの筋肉が血流不足を起こし、疲れてきます。

遠くを見るとその筋肉が動くので同じ筋肉を使わなくても良くなります。

ずーっと同じ画面を見続けるという事は、筋トレをしているのと同じなのです。

なので、少し休息を与えないといけないのです。

加えて近くの物を集中して見続けると、瞬きが少なくなりドライアイになりやすくなり、固視微動といって眼球の揺れもすくなくなりと、いいことありません。

※固視微動=人間の眼は3つの小さな揺れによって物を見ているのです。それが少なくなると、見えにくくなったりします。

 

なので、近くで集中して物を見ている方は少しでも、(最悪90分~120分に1回は遠くを見た方が良いです)遠くを見て眼を休息させましょう!

他にも、簡単でどこでも出来るのがあるので、また明日紹介します!

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

JR池袋駅隣、電車で3分!JR山手線大塚駅南口徒歩1分の好アクセス!!

JR山手線で眼精疲労でお悩みの方は、お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816