おはようございます!東京都豊島区、大塚南口連動整体院の丸山です。

前回の続きです。

 

Q、【何故水風呂でなく、水シャワーなのか??】

 

 

A、心臓に負担がかかるからです!

 

よくあるのが、サウナから出て、軽く体を洗って水風呂へダイブ!!じゃぶーん。この間数秒。

本当にあぶないです。

 

※急激な温度変化は心臓にかなりの負担をかけます。

僕は数分後に水シャワーを浴びます。

 

【メリット】

 

1、心臓に負担をかけない

 

心臓に遠い、手足・頭から浴びる事で、体や心臓に負担をかけず、体を冷やす事が出来ます。

 

 

2、余熱でまだ汗をかけます

 

サウナに入った後は体が温まっていて、お風呂場でも十分まだ汗をかけます。

サウナ場は暑くて、息苦しいですが、余熱で汗をかくとそれ程、苦しくなく汗をかけます。

 

 

3、副交感神経に入り、血流良くなる

 

サウナに入ると、急激に体が熱くなり交感神経に入り、血管を収縮し、血流が悪くなります。

 

そこへ、ほどよい”冷え”の水シャワーを浴びると一気に副交感神経に入り、血流が良くなります。

(アイシングの理論です)

 

急激な冷えでないので、体には優しいです。

 

僕は、運動後、浴槽に浸かり体を温めた後、サウナへ数分入り、汗を流して、数分後、水シャワーを浴びるという事を数年間やっています。

個人差ありますが、僕は体の調子が良いです!※心臓の悪い方等はお勧めしません。

 

 

以前、ある番組で有名な女優さんもご自宅のお風呂で、温かいお風呂と水風呂に交互に入り、肌を活性化していると言っていました。

これも、一気に血流を良くして、肌に栄養と刺激を与えて美肌効果に期待しているのかな?と思いました。

交感神経(興奮)から副交感神経(休ませる)に変化した時、血流は一気に良くなります。(個人差あり)

 

 

当院は、JR山手線大塚駅徒歩1分。東京都豊島区で”唯一眼精疲労””体の連動性”に特化した整体院です。

JR池袋駅隣、電車で3分です。

JR山手線大塚駅・豊島区・文京区で眼精疲労・目の奥の痛み・首こり・肩こり・頭痛・スマホネック等でお悩みの方はお気軽にご相談ください!

TEL03-3983-0816