おはようございます!東京都豊島区大塚南口連動整体院の丸山です。

 

最近何だか、集中力が続かない、ボーっとしてしまう、視界がパットしない等いらっしゃると思われます。

その方々はこのようなタイプではないでしょうか??

 

頭の酸欠(血流不足)です。

首の歪みと筋肉の硬直が特に強く、頭に行く血管を押しつぶし、血流を悪くしている恐れがあります。

ここで、首の構造を簡潔にお話します。

 

首の骨は7本あり、一番上(頭蓋骨を支えている骨です)の骨は他の骨の形とは違く、円盤のような構造になっています。

首の一番上の骨の左右の先端には、後頭部に繋がるとても重要な血管、椎骨動脈(ついこつどうみゃく)と言われる血管があります。

この血管から後頭部に血液と酸素を供給しているのです。

 

ここが、何かしらの原因で血流が悪くなると、ボーっとしたり、集中力散漫になったり、視界がはっきりしない等の現象が出ていきます。

酷くなると、頭痛・めまい・吐き気等にもなるので、注意が必要です。

後頭部には、視力と関係する、視覚野と呼ばれる箇所があります。

ここが、酸欠(血流不足)になると、目が疲れたり、視界がはっきりしない等の症状が出やすいです。

 

【当院の施術】

このようなタイプの方は、頭や首というよりも、全身の血流が悪くなっている恐れが非常に高いです。

いきなり、首の調整をすると、貧血を起こす可能性が非常に高いです。

首の調整を行うと、確かに血流はよくなりますが、問題は起き上がった後です。

頭の血液がサーっと下に下がるので、とても貧血になりやすいです。

それを避けるためにも、当院では全身の緊張をほどよく取ってから首の調整を行います。

そして、目の疲れ、集中力散漫の一番の原因の首の一番上の骨や後頭骨を調整し、元の位置に戻します。

そうすると、体が休ませる神経(副交感神経)に入りやすくなるので、頭がスーっとしてきます。

 

目の疲れ、集中力散漫の原因が血流不足であれば、上記のような施術を行うと、視野が明るくなります。

また、集中力も出て来て、仕事がスムーズに行えます。

当院は東京都豊島区で唯一眼精疲労に特化した整体院です。

最近、目が疲れ、視野がパっとしない、集中力散漫、ボーッしてしまう・・・

このような症状でお困りでしたら、一度ご相談ください!

本日も、最後までご覧人になって頂いてありがとうございました!

 

当院は東京都豊島区で唯一””眼精疲労””に特化した整体院です。

池袋・東池袋・大塚・新大塚・巣鴨・目白近隣で眼精疲労でお悩みの方は1度ご相談ください!

お気軽にご連絡下さい!TEL03-3983-0816